新車値引き情報と新車値引き交渉

トップ新車を安く買う!新車の値引き交渉-初回から中盤編

■ 新車の値引き交渉-初回から中盤編


いよいよ新車値引き交渉です。ここでは見積もりを取る際の注意から、商談中盤の交渉の仕方などを紹介しています

■初回交渉、ディーラーへ行って見積もりを取る

さてインターネットを駆使して情報収集が済んだら、いよいよ営業マンと対決です(笑)。 なんて構えずに自然体で商談に向かいましょう。営業マンも優しく?迎えてくれます。

実車をチェックしたり試乗が済んだら、見積もりをもらいます。もちろん、いきなり「見積もりしてもらえますか?」と頼んでもいいです。

 【納車費用と車庫証明のカット】
ここで、まず1つ目の値引きを要求します。見積もりをもらう際に納車費用と車庫証明費用のカットを申し出ます。
「納車費用と車庫証明は自分で手続きするのでカットしてくださいね」と頼めば良いでしょう。

販売店の中には、「納車費用はナンバーをつけたり、内装の清掃をしたりする納車準備費用です」とか「工場から運ぶ為の運搬費です」などと言って、カットを拒否してくる事がありますがこれはルール違反です。

自販連(日本自動車販売協会連合会)では、「納車費用は買い手が指定した場所まで運ぶための費用」となっています。「自販連ではこうなってますけど・・」とやんわりと反論しておきましょう。後々カットしてくれるかもしれません。

 

 【オプションは無しかフロアマットのみ】
オプション・付属品は、無しかフロアマット程度にしておきましょう。まずは車両本体価格からの値引きを迫ります。
車両本体価格からの値引きが、「限界に近づいてきたな」と感じたら欲しいオプションを追加して、オプションからの値引きや無料サービスを要求しましょう。

ディーラーオプションからの値引きは、車両本体価格からの値引きとは別枠なので、こうして分けて交渉すれば総値引き額は大きくなります。

最初の見積もりでは値引きが全く提示されていなかったり、値引きが提示されていてもあいさつ程度でしょう。
「ここからもっとがんばってくれますよね?」と探りを入れておいて、次回の交渉につなげます。

値引き交渉-準備編で、インターネットで見積もりを取って値引き額が提示されていたら、「他では最初の交渉で○○円値引きしてくれましたよ。それよりもがんばってくれますよね?」と営業マンの競争心を程よく刺激しておきます。

 【営業マンに買う気を見せる】
こうして競合するライバル車や同士競合するディーラーを回って、見積もりを取ります。値引き交渉の初めの一歩が始まる訳ですが、この時点で大切なのは営業マンにこちらの買う気を見せるという事です。

冷やかしではなくて、「値引きをたくさんしてくれたら喜んで買いますよ!」というような意思が伝われば、次回の交渉から営業マンも本腰を入れて対応してくれるでしょう。

 【競合していることを告げる】
競合車を設定していれば、「他の車も検討している」と競合している事を伝えましょう。

ただし同じ車種で違うディーラーとの同士競合の場合は、まだ黙っておきます。最初からあからさまに競合させると、同じメーカーの同じ車種同士なので営業マンが引いてしまう事があります。

同車種の同士競合の場合は、最初は他メーカーの車種で競合して、交渉の終盤で「実は他の○○ディーラーとも商談してまして、そこでは○○万円の値引きが出てるんですよ」と、伝えたほうが効果的です。

 【予算は告げない】
あと、交渉の最初の方で営業マンから、「予算はいくらですか?」と聞かれることがあります。値引きを抑えたい気持ちもあって聞いてくるのですが、初回から2回目の交渉では、こちらの手の内は明かさない方がいいでしょう。
もし聞かれても、「なるべく安くしてください!」と、切り替えしておきます。

■初回交渉、下取り車査定

見積もりをもらう際に、「下取り車があれば査定しましょうか?」と聞かれると思います。そのまま査定してもらっても良いですが、見積書には査定額と値引き額はしっかりと分けて書いてもらいましょう。

営業マンによっては、丼勘定で「下取り込みで総額いくら」と言って来る事がありますが、これでは値引きがいくらなのか、下取りがいくらなのかが分かりません。後々買取店に売却を検討するにしても比較できないので、「下取り車は他に売るかもしれないので」と下取り額を確認しましょう。

■値引き交渉・中盤戦

 【競合交渉で攻める!】
2回目以降の交渉中盤では、ライバル車などの競合交渉で攻めまくります。
たとえ本命車以外の車でも、「値引き次第では買うかもしれない」くらいの交渉で攻めましょう。そしてお互いの条件をぶつけ合って、より良い条件を引き出します。

その際、こちらから具体的な希望金額はまだ伝えません。「向こうは契約してくれるならあと○万円、値引きをアップすると言ってます」と競合相手の数字をベースにして、上乗せを迫ります。

 【ローンを利用するなら低金利ショップの見積もりを取る】
ローンを利用するなら低金利ショップの見積もりも取っておきましょう。
自動車ローンの利用法でも紹介しましたが、低金利ショップでは、車種によっては1%を切る金利でローンが組めます。

その分値引きは引き締めている事が多いですが、すべてのローンを払い終わった総支払額でディーラーの見積もりと比較してみましょう。
ディーラーよりも安ければ、それをディーラーにぶつけて競合させれば良いのです。更なる値引きが期待できるでしょう。

 【ローンの金利からの値引き】
ローンを利用するなら金利の値引きも要求しましょう。通常のディーラーローンで5~8%位の金利が、交渉次第では3~5%台くらいには引き下げてくれるでしょう。他のディーラーと競合させて、「他は○%の金利でローンが組める」などとやると良いですね。

また、ディーラーなどで期間限定で低金利キャンペーンを展開している事があります。もしその期間が過ぎていても、交渉してキャンペーン金利が適用となるケースもあります。

 【低金利オートローン】
ディーラーなどで思うように金利を下げてくれなければ、以下のサイトで低金利のオートローンを利用してみるのも良いでしょう。

>> ローンシミュレーション

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP