新車値引き情報と新車値引き交渉

トップ新車を安く買う!タイプ別営業マン攻略法

■ タイプ別営業マン攻略法


会社が決めた限度内なら、いくら値引きするのかは営業マンの個人の判断になります。役職などで値引きの限度額も変わってきますので、タイプ別に攻略していきましょう。

■新人セールス

入社1~2年目の新人さんはマニュアル通りの売り方しかしてこないため、値引きに関しても融通が効かない事が多いです。また自分の値引き枠も少ないので、それを超える値引きを要求してもなかなかOKとは行かないでしょう。

しかし上手く競合を煽って値引きを迫っていけば、「ちょっと上司と相談してきます」となることが多いです。こうなると上司や所長クラスの人が、「新人だからバックアップしなければ・・」となり、特別な大幅値引きの決裁が下りる事があります。

■中堅セールス

中堅になると自分の成績を気にする営業マンが多いので、値引きに関しても自分の範囲内で収めて契約してもらおうとします。さらなる値引きを迫っても、「会社の方針なのでこれ以上は勘弁してください」となることが多いです。

そんな相手には、「それじゃ今回はあきらめます」と強気に出てもいいでしょう。

■ベテランセールス

営業所長やベテランセールスになると、会社での発言も強く値引き枠もかなりの所まで持っています。
こういう相手と最初から商談すれば、話は早いだろうと思いがちですが、経験を積んでいるだけあって言葉巧みに営業マンのペースで契約まで持っていこうとするでしょう。

こういう相手のペースには乗らず、競合車や同士競合していることを伝え、「競合車よりも安い支払額になれば買います」と、はっきりと自分の条件を伝えましょう。上手く交渉できれば大幅値引きを勝ち取るチャンスです。

交渉の旗色が悪くなったら、親や奥さんなど「家族に相談しなければならない」、などと逃げ道を作っておきましょう。

■セールスレディ

男性客なら値引きが少なくても、「決めちゃおうかな・・」となってしまうかもしれません。。
男性から見れば、女性なので大幅な値引きを要求しづらい、といった事もあるようです。女性相手でも臆せず交渉できる人なら、「上司と相談してきます」となる確立が高いでしょう。上手くいけば特別な値引きが出るかもしれません。

絶対数が少ないので、セールスレディに当たる事はあまり無いと思いますが・・

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP