車を高く売る、車買取りと無料査定

トップ車を高く売る!車を売る!基礎知識

■ 車を売る!基礎知識


ここでは車を売る時の基礎知識を紹介します。

■車買取りに必要な書類等は?

 【車検証】
車の中に常備されているでしょう。

 【自賠責保険の証書】
これも車の中に常備されているでしょう。

 【自動車税納税証明書】
紛失した場合は、ナンバーを取得した都道府県の税事務所で再発行できます。

 【印鑑証明書】
車の名義変更等に使用できるのは、発行後3カ月以内のものに限られます。最低でも有効期間が1カ月以上あるものを用意しておきましょう。

 【実印】
譲渡証明書や委任状を自分で用意しない場合は、記入する際に必要なので持参します。

 【住民票】
引越しなどで住所が変わって車検証の住所変更をしていない場合、現住所と車検証の住所が違うので必要になります。

その他2回以上転居している場合や結婚して名字が変わって車検証の氏名を変更していない場合などで、戸籍の附票戸籍抄本または謄本が必要になります。

いずれの書類もディーラーや買取店で必要な分を用意するよう教えてくれますので、特に心配はありません。

■査定前は洗車した方がいい?

これは洗車したほうが良いと言うところが多いですが、私の経験上外観は洗車してもしなくても査定額には変わりないと思います。査定するほうもプロなので、ボディが汚れていても小キズは発見しますし、パネル交換なども分かります。
ただ水洗い程度でもしておけば査定する方もしやすいようです。
コンパウンドで消せる程度の薄キズなら消しておいたほうが良いでしょう。

内装は汚れなど目立っていれば、タオルで拭くなどしてきれいにしておきましょう。汚れをキズと間違われるとマイナス査定になる事もあります。
ガムなどがシートについていれば、出来るだけ取っておきましょう。私もタバコの焦げに間違われて3万円安く査定されました。(その後ガムと分かってマイナス1万円で済みましたが)誤解を受けそうな汚れは取っておきましょう。

■車検は通してから売ったほうが高く売れる?

これは車検を通してから査定してもらっても、車検にかかった費用分は査定額にプラスされません。10万円車検に掛かったとしても、車検を受ける前とあとでは10万円ほどの差は出ないでしょう。車検は通さずに売ってしまったほうがお得です。

■キズや凹みは直してから売ったほうがいい?

これも車検と同じで修理費用に10万円掛かったからと言って、修理される前の査定額にそのまま10万円プラスされる事はありません。直さずにそのまま売るのがお得です。

■高く売れる時期は?

買取専門店の場合、業者オークションの相場を基に査定額を出してきます。相場は細かく上下するので、高く売るには時期に関係なく、要は交渉次第となります。どれだけ買取店のマージンを削ってもらって買い取り額に反映させるか、になってきます。そのためには、車を高く売る場合も基本は競合になります。

競合させやすいと言う事でいえば、ディーラーで決算期やボーナス時期のキャンペーンを展開する時期は、メーカーからの下取り対策費などでディーラーも通常の下取り額よりも上乗せしてきますので、決算期やボーナス時期にはディーラーと買取店で高値で競合させる事が出来ます。

 

車を高く売る! 車買取り

車を売る所 メリット・デメリット

車を売る!基礎知識

高く売れる車・売れない車とは?

限界まで車を高く売る方法

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP