新車購入、新車の買い方

トップ新車購入・新車の買い方自動車ローンの利用法

■ 自動車ローンの利用法-新車購入

 

車は高額な商品です。欲しい車が高額になるほどローンを利用する人も多いでしょう。ここでは失敗しない自動車ローンの利用法を紹介します。

■ディーラーローン

自動車ローンを組む場合、一番利用しやすいのがディーラーローンです。ディーラーローンとは、販売店の提携しているクレジット会社から融資を受けるというものです。

一定の収入がある成人で、過去にローントラブルを起こしていなければ大抵は審査に通ります。また未成年者は親の同意書が必要になります。申し込みは販売店で用意した所定の用紙に必要事項を記入すれば、手続きは販売店がやってくれます。

このように利用法は簡単なのですが、年齢や収入によっては連帯保証人が必要になります。普通は両親などになってもらうケースが多いですね。収入に対して借りる金額が多くなると、第三者の連帯保証人が必要になったり融資金額を制限される場合もあります。

金利は5%~8%台が中心です。低金利キャンペーンなどが行われていれば、対応車種なら2%台、3%台の金利でローンが組めるでしょう

■銀行

銀行や信用金庫のマイカー購入ローンは、実質年率4%~5%台が多く、ディーラーローンと比べると金利は安いです。

その分条件が厳しく、年齢制限や年収制限が設けられています。一定の収入が無い未成年者や学生は利用できません。

希望する金額が多くなると、年収に応じて融資できる上限が決められているので希望する金額が受けられない場合もあります。

返済期間は5年までから7年までと、長期で借りる事が出来ます。ボーナス時に増額する事も出来ます。
申し込みは、販売店の見積書や契約書が必要になります。ディーラーローンに比べて審査期間が長い場合があります。

■労金・JA

ディーラーローンや銀行と比べて金利が低いです。借りる際に手数料、保証金が必要になります。
担保、保証人は原則として不要ですが、保証機関の条件により連帯保証人が必要な場合があります。また未成年者は親権者の同意及び連帯保証人が必要です。

ボーナス払いが併用できます。返済期間は7年までと長期で借りる事が出来ます。申し込みには各種書類、販売店の見積書または注文書 が必要です。

■その他オートローン

ディーラーや販売店が提携している信販会社以外でも自分でオートローンを申し込んで、ローンを組む事が出来ます。
以下で紹介するサイトでは、低金利オートローンを紹介しています。中古車も利用できる低金利ローンもありますので参考にしてみましょう。

ローンシミュレーション
毎月の支払い金額が幾らになるのか?シミュレーションすることが出来ます。

 

■残価設定ローン

残価設定ローンとは、あらかじめ3年後の下取り価格を差し引いた残りの金額を、3年間月々払っていくというものです。
3年後の下取り価格を50%と設定している所が多いので、残りの50%分を金利を含めて3年間払っていけば良いので月々の支払いが安く済みます。

ただ、金利は残りの50%の残価に対しても掛かるので、低金利を謳っていてもこの残価に掛かる金利分を考慮に入れると、決して安くはありませんのでよく検討する事が必要でしょう。

3年後にそのまま乗り続けるか、売却するか、買い換えるか選択できます。
そのまま乗り続ける場合は据え置きの分を一括で支払うか、再度ローンを組む事も出来ます。

売却する場合は、3年後の査定価格が据え置き価格よりも高ければ、その差額を受け取る事が出来ます。
事故や過走行、キズ凹み、その車両の人気度などで据え置き価格を下回ると、その差額を支払わなければなりません。
下取りの高い人気車を選んだり、距離も走らず大事に乗ったりすれば3年後の査定価格も高くなるでしょう。

一般的に値引きは少なめです。支払い期間も3年~5年など選べるところもあります。
ディーラーローンや銀行のように、契約期間中(ローン支払い中)に一括払いする事は認められていないようです。

詳しくは取り扱い販売店で見積もりをもらい、よく内容を確認しましょう。

■頭金はいくら必要?

頭金がゼロでも審査に通ればローンを組む事は出来ます。(ただし諸費用分は現金で支払う場合が多いです)

しかし頭金ゼロでは月々の支払額も多くなりますし、支払い回数も多くなり利息分もばかになりません。
理想は諸費用分を除いた金額の3分の1~4分の1は、頭金として入れたい所です。しかし予算の都合もあるので月々支払える無理の無い金額になるように頭金を入れましょう。

■支払い回数は?

支払い回数は短ければ短いほど良いですが、短くなると月々の負担が増えてしまいます。出来れば3年・36回払いまでで抑えたいですね。4年・48回が限度くらいに考えておいたほうが良いかもしれません。

経験上3年でも十分長いですが、3年を超えるとさらにホントに長く感じます。。

■均等払いとボーナス併用

均等払いもボーナス併用払いも、総支払額で見ればそれほど大差ありません。自分の給与形態や生活スタイルに合わせて選択すると良いでしょう。

ボーナス併用時は予定ボーナス額の5分の1以下に抑えたいですね。

■金利の値引き

販売店で新車を購入する場合、交渉次第でローンの金利も引き下げる事が出来ます。管理人も新車購入時にローンで購入しましたが、皆引き下げに成功しています。
ディーラーなどの低金利キャンペーンの期間が過ぎても、交渉して適用となるケースもあります。

■ローン中の車買い替え・車売却

これも問題なく出来ます。ローン中の車は所有名義がクレジット会社になっています。そのままでは勝手に車を処分できないので、残金を清算し所有名義を自分の名義にする所有権解除の手続きをすれば、売却が可能です。
残金は下取り額分から清算するのが普通ですが、足りない場合は負担しなければなりません。

言われた書類を用意するだけで、手続きは販売店又は買取店で行ってくれます。

 

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP