新車購入、新車の買い方

トップ新車購入・新車の買い方契約

■ 契約-新車購入

 

新車購入時の契約は、それほど難しい物ではありません。基本的に営業マンの言う通りに書類をそろえて、営業マンが用意した書類にハンコを押せばいいだけです。しかし高額な買い物なので契約は慎重に行いましょう。

■準備する物

基本的に印鑑証明と実印があれば契約はできます。印鑑証明は後日用意しても構わないでしょう。その他に車を売却(下取りに出す)したり、住所変更、抹消登録などする場合はそれぞれ必要書類があります。

・登録手続きに関する必要書類
---
車購入
車売却
住所変更
名義変更
抹消登録
自動車検査証(車検証)
自賠責保険証明書
自動車税納税証明書
車庫証明書
印鑑証明書
譲渡証明書
委任状
住民票
※1
※2

※1車検証記載の所有者住所と現在の住所が異なる場合のみ必要
※2正確には住民票ではなく戸籍謄本、又は抄本が必要

 【自動車検査証】
車検証は車の登録業務の最も最後に交付される書類です。所有者の名前や住所、車の登録ナンバー、形式など細かに記載されています。

 【自賠責保険証明書】
自賠責保険は車を購入して持ち続ける場合に加入が義務付けられている保険です。必ず車検時が満了日となり、継続車検を受ける場合は入らなければなりません。自賠責保険証明書はその名の通り保険の証書です。

 【自動車納税証明書】
車の所有者に対して毎年5月に納付書が届きます。郵便局や銀行で支払う事ができます。

 【車庫証明書】
車を購入する際に保管場所があることを証明する書類です。

 【印鑑証明書】
市役所などで印鑑登録したという証明書です。その登録した印鑑は実印となり、車売買の時は必要です。

 【譲渡証明書】
売り手と買い手が譲渡に合意した事を証明する書類です。実印を押さないと効力がありません。

 【委任状】
車の登録手続きなどを代行してもらう際に、他人(営業マン等)にその業務を行ってもらう事を証明する書類です。実印が押されていなければなりません。

 【住民票】
車の所有者と使用者が異なる場合に必要です。軽自動車の登録は住民票で行います。

■ハンコを押す前に

ハンコを押す前に、もう一度よく契約内容を確認しましょう。
予算内で収まっているか?無理なローンは組んでいないか?自分(家族)のライフスタイルに合っているか?納期は大丈夫か?オプションには満足しているか?サービス、値引き額に満足しているか?などを確認して、納得の上でハンコを押しましょう。

■新車契約のキャンセルについて

基本的に注文書にハンコを押して署名すれば契約となります。
しかしローンを組む場合は、信販会社から融資OKの返事があって正式契約となります。
現金一括払いの場合は、販売店によって認識の違いがありますが、メーカーに車の発注をした時が正式に契約成立となるようです。
これらの正式契約が成立する前にキャンセルしても、キャンセル料などのペナルティの対象にはならないと言えます。

しかし正式契約成立後にキャンセル(解約)すると、損害賠償を請求されるケースがあります。契約から日数が経ち、事務手続きが進めば進むほど、それなりの金額を請求されます。
ナンバー登録後の解約は認められないので、もしその車に乗らない(乗れない)のなら、中古車として売却する他ありません。
ボディーカラーやグレードの変更もせいぜい3日以内に申し出ないと、ペナルティの対象になる場合がありますので注意しましょう。

キャンセルについては各法人、販売店によって対応は様々です。キャンセルする方も様々な理由があると思いますので、もしキャンセルする状況になったら早めに販売店に相談しましょう。
契約する前にキャンセルの可能性があるのなら、契約はしないほうが良いでしょう。回りにも自分にも良い事はありません。十分に検討して気持ちよく契約しましょう。

 

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP