中古車購入ガイド!中古車検索

トップ中古車購入ガイド!中古車検索中古車の外装チェック

■ 中古車の外装チェック


■外装チェック方法

外装のチェックは出来るだけ明るい昼間に行うようにしましょう。太陽が日を射していれば、なおOK。

まずは車全体のバランスを見るために、少し離れた所から見てみましょう。大きな修復歴がある車は微妙にバランスが狂っている事があります。

そしてボディです。日光があたった状態でボンネット、ルーフ、トランク、ドアなどを顔を近づけたり離したりして、平行に見てください。平行に見ることによって、わずかな凹みも発見できます。キズもチェックしましょう。

また板金塗装されている部分は、なかなか分かりづらいかも知れませんが、わずかながら凹凸が波打っています。ダメージの小さいキズや凹みを補修しただけの場合がほとんどなので、あまり神経質にならなくてもいいと思いますが、気になるところがあれば遠慮なく販売員に質問しましょう。

塗装のはがれ、サビもチェックしましょう。長く乗る車を探すなら要チェックです。

ボディとボンネット、トランク、ドアなどのチリ(隙間)もチェックします。左右で均等なら問題ないですが、極端に隙間が広かったり狭かったりすると、ボディが歪んでいたり事故歴がある場合があります。

フロントガラスもチェックしましょう。フロントガラスにヒビがあれば車検に通りません。ヒビやキズ、欠けていないかなどもチェックしましょう。プライスボードでよく見えない場合もあります。その場合はプライスボードを外してチェックしましょう。

ドアやトランク、ボンネットなど開けられる部分はすべて開け閉めして、開閉状態をチェックします。スムーズに開け閉めできればOKです。

下回りを覗き込んで、フレームに大きな傷がないかもチェックしましょう。ボディの骨格の部分なのでここにダメージがあると走行性能に影響を及ぼします。同時に下回りに錆などないかもチェックします。

タイヤも良くチェックしましょう。きちんと4本ともチェックします。溝が残っているか、左右均等に磨耗しているか、古くなってひび割れは起きていないかをチェックしましょう。片減りや編磨耗が起きていると、足回りのバランスが崩れている場合があります。その場合は点検・整備してもらえるか確認しましょう。

■外装チェックポイント

→車体の傷や凹凸、塗装のはがれ、錆び

自分で納得できるレベルかどうかをチェック。

→ドア・ボンネット・トランクの開閉状態

すべてのドアがスムーズに開閉するかをチェック。

→ボディとボンネット・トランク・ドアとの隙間(チリ)

左右で見比べて均等かどうか。極端に広かったり狭かったりしていないかをチェック。

→ウインドウの傷や欠け、ひび割れ

傷や欠け、ひび割れの有無をチェック。あれば直して納車されるかどうか。

→タイヤの磨耗状態

溝がきちんとあって、スリップサインは出ていないか、左右均等に磨耗しているか、ひび割れがないかをチェック。溝がない場合は交換してもらえるか。

■事故・修復歴の見分け方

なかなか一般の人には見分けがつきませんが、基本的な部分を紹介します。

ボンネットやトランク、ドアなどの交換歴を見るには、それらとボディをとめているボルトをチェックします。
ボンネット・トランク・ドアとボディを繋いでいるボルトの頭には、塗装がしてあります。一度工具を使ってこれらのパーツを外すと、工具が当たってボルトの頭の塗装がはがれます。

ボルトの塗装が剥がれていれば、そのボルトは外された可能性がありますから、パーツが交換された可能性が高くなります。お目当ての中古車を見に行って、このような状態だったら納得いくまで販売員によく質問してみましょう。

ボルトの他にもう一つ方法があります。
トランク内のカーペットをはがすと、ボディが直に現れると思います。スペアタイヤなどが載っている部分ですね。そのボディパネルの継ぎ目の部分などに防水用にシール材が塗られています。

このシール材は、追突などで修理する時には、一度剥がされてしまいます。そしてまたシールするのですが、材質が違うシール材が使われるので硬さなどに微妙に違いが出ます。

前からあるシール部分と比べて見れば、違いは分かるでしょう。
このシール材はトランクの他にもドアのエッジの部分やエンジンルームにも使われています。各部分をチェックして、シールの部分の見た目や硬さなどに明らかに違いがあれば、修理や交換の可能性がありますね。

 

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP