中古車購入ガイド!中古車検索

トップ中古車購入ガイド!中古車検索中古車販売店の選び方

■ 中古車販売店の選び方


■中古車選びはお店選びから

"中古車選びはお店選びから" こんな言葉があるくらい、中古車を購入するにあたってお店選びは重要になってきます。

新車なら新車ディーラーのどこで買っても、メーカー保証が付いた安心な新車を手に入れることが出来ますが、中古車はそうではありません。一台一台程度が異なりますし、保証の内容もお店ごとにバラつきがあります。

信頼できるお店なら、修復歴の有無もきちんと説明してくれますし、充実した保証内容であれば購入後も安心できるでしょう。質問にも丁寧に答えてくれるスタッフが居る所、保証を確約してくれる所などのお店が望ましいでしょう。

■ディーラー系販売店

ディーラー系販売店とは、トヨタや日産などのメーカーの看板を掲げてる中古車販売店です。
これらディーラー系のメリットは、一般的に品質の高い中古車がそろっている事や、充実したアフターサービスです。
「1年間無料保証」や有料で2~3年間保証を拡大できるものまで、保証が充実していて、全国のディーラー直営のサービス工場などでメンテナンスサービスを受けられるのも特徴です。

展示されている車両は、大部分が新車販売した時の下取り車の中から選んで置いてあるので、比較的程度のいいものが多いです。販売店側もメーカーの看板を掲げているので、信用第一で下手な物は売らないだろうという信頼もあります。
修復歴についてもきちんと表示されていたり、どの程度の修復なのか質問すれば明確に答えてくれるでしょう。

また、ディーラー系販売店は、そのメーカーの車に特化していますので、トヨタ車を探している、ホンダ車を探している、と言うのであれば、ディーラー系販売店に行けば在庫が豊富に揃っているでしょう。

ただ保証が充実している分、一般的な相場よりも価格が若干高めなのがデメリットです。
しかし一台一台程度の異なる中古車の性質を考えれば、後々の事を考えて保証がしっかりしているディーラー系販売店を選ぶのも賢い選択と言えるでしょう。

■中古車専門店

中古車専門店には様々な規模の販売店があります。多数のお店を持つ多店舗店から大型店、中型店、小規模店、特定の車種を専門に扱っている専門店まで、数多くの中古車販売店が存在します。

この中から自分に合った信頼できる販売店を探さなければなりません。お店の規模が大きいからといって、スタッフの対応が悪かったりアフターサービスが悪かったりでは、買う気も起きないでしょう。

逆に小規模なお店でも、面倒くさがらずに質問に答えてくれる親切なスタッフだったり、十分な保証を確約してくれるお店だったら信頼して中古車を買う事が出来ます。

中古車専門店のメリットはメーカーを問わず、豊富な車種から車を選ぶことが出来ます。お店のスタッフと良いコミュニケーションが取れれば、希望の車種がなくても後日業者オークションで探してくれたりすることも出来ます。

ディーラー系以外の中古車販売店の多くは、業者オークションから中古車を仕入れています。オークションに出品される車は検査員がそれぞれ評価点を付けています。評価点の高い良質な中古車は、当然店頭販売価格も高くなります。

■中古車販売店選びのポイント

→メールや電話の対応が親切か

気になる物件があり、メールや電話での問い合わせの時に、きちんとした対応をしてくれるかどうか。在庫の確認や車両状態、見積書の送付など、基本的な要望にきちんと応えてくれる販売店なら信頼が持てます。逆に不誠実な態度なら見送りたいですね。

→展示車の手入れが行き届いているか

展示されている車の外装や内装の手入れがよく行き届いている事は、信頼できるお店の一つの条件です。展示車の台数が多ければ多いほど、手入れする手間暇は大変な労力です。どれだけ車に対して時間と労力を使っているかで、お店の姿勢も分かります。

それができると言う事は車が良く売れている、在庫車の回転が速い、お客に信頼されている、と想像できます。中にはその車の本来の姿を見せるために、内装やエンジンルームはそのままで、納車前にクリーニングするお店もありますが、やはり外装程度は綺麗にしておくお店を選びたいですね。

→従業員の対応はどうか

挨拶がきちんと出来て、礼儀をわきまえている店員さんなら、こちらも車が見やすいですし、何かあれば質問もしやすいです。一番基本的なところです。
また一つ一つの車両の状態をきちんと把握している店員さんが望ましいでしょう。こちらの質問に対して何も答えられないと、こちらも不安になります。

→その車の長所や短所は教えてくれるか

その車のいい所はもちろん、悪い所まで教えてくれる販売店は誠実です。故障しやすい箇所とか、交換部品のサイクル、修復歴があればその箇所と状態など、こちらが不安に思うことをきちんと説明してくれる販売店は信頼できますね。

→走行距離や修復歴の情報が明確であるか

展示車のフロントガラスに表示されているプライスボードには、価格の他に走行距離や修復歴の有無が表示されています。プライスボードにそういった情報が表示されているのはもちろんですが、その車についている定期点検記録簿なども見せてもらいましょう。

記録簿を見れば走行距離が正しいかどうか、今まで行ってきた整備の記録も見れますので、よく確認しましょう。記録簿の無い車は敬遠した方がいいかもしれません。
また修復歴があるか、ドアやフェンダーの交換歴はあるかなどの質問をしたときに、明確に答えてくれる販売店が望ましいです。

→自社の整備工場があるか

整備工場がある販売店は、それだけ専門知識があるお店と言えます。中古車を仕入れる際も専門知識に長けていれば、良質な中古車を仕入れる事が出来ます。
またアフターサービスの面でも、メーカー保証が切れている年数の経った車など、購入後のメンテナンスに関して、購入した販売店に持っていけば対応してくれるので安心でしょう。

→商談時の応対はどうか

こちらの質問に対して、きちんと答えてくれる販売店かどうか。話し合っていれば、おのずと雰囲気で分かってきます。言葉を濁したり、「これはこういうものだから。」などと逃げる販売店では、購入後の対応も不安になります。

→保証・アフターサービスはどうか

新車と違って一台一台で状態が異なる中古車では、購入後の保証期間が長ければ長いほど安心できます。店側も程度の悪い車の保証を長くすることはしたがりません。保証期間の長い車は、車の状態も良いと言えます。
購入時の交渉などで保証やアフターの約束が取れたら、きちんと契約書に記入してもらいましょう。保証やアフターのことで曖昧な説明をするような販売店は、敬遠した方が良いでしょう。

→各種団体に入会・加盟しているか

JU(社団法人 日本中古自動車販売協会連合会)などが加盟している、(社)自動車公正取引協議会(略称は公取協)は、公正取引協議会の下に活動しているもので、新車や中古車販売に係るルールを決め、運用している団体です。
これらの団体に入会、加盟している販売店は、プライスボードの表示方法なども細かい規定がありますので、それだけその中古車の情報を正確に把握する事が出来ます。

また加盟店で規約違反行為やトラブルがあった場合、各団体にはそれぞれに消費者相談窓口が設けられているので、相談を依頼する事ができます。

→友人・知人の紹介

自分で一から信頼できるお店を探すにはそれなりの労力が伴います。その労力を惜しんでは、良い中古車にも中々めぐり合えないでしょう。

そこで安心して買える方法が、紹介販売です。そのお店で買った人から、「ここの店はアフターもばっちりで信頼できるよ」と、そのお店を紹介してもらったり、「この店は安くていいタマが揃っているよ」などと、口コミで紹介してもらうのもいいでしょう。
この様な友人知人がいれば、実際にそのお店で購入している人の意見なので信頼できるし、不安も少なくて済むでしょう。

>> 近所の中古車販売店を検索

 

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP