ホンダシャトルの値引き、新車値引き情報

トップ車値引きオールアルバムホンダ新車値引き情報>シャトル値引き

■ シャトル 値引き シャトルハイブリッドの限界値引き額を公開


シャトル

●新車値引き一口コメント

フィットベースのワゴン車シャトルです。シャトル、シャトルハイブリッドの値引き交渉では、カローラフィールダー、オーリス、ウイングロード、インプレッサ、アクセラスポーツなど他社のワゴン系、ハッチバック系の車種と競合させると有効でしょう。ハイブリッドにはカローラフィールダーハイブリッド、プリウス、XVハイブリッドなども有効。発売当初は値引きも引き締め傾向ですが、経営の異なるホンダ同士の競合で値引きの上乗せを狙いましょう。

●ホンダ シャトル限界値引き額

13万円(ハイブリッド13万円)

●月販目標台数

2500台

●シャトル取り扱いディーラー

ホンダ全店

●価格帯

177万120~263万1960円

●主要諸元

全長×全幅×全高(mm)

4400×1695×1545-1570

最小回転半径(m)

4.9-5.2

室内長×室内幅×室内高(mm)
1925×1450×1290
乗車定員(名)

5

車両重量(kg)
1130-1310
駆動方式
FF 4WD
排気量(cc)
1496
 
最高出力 kW(PS)/r.p.m
97[132]/6,600
 
最大トルク N・m(kg・m)/r.p.m
155[15.8]/4,600
 
燃費(km/L)
19.6-22.0
 
使用燃料
レギュラー
 
 
排気量(cc)
1496
モーター
最高出力 kW(PS)/r.p.m
81[110]/6,000
22[29.5]/1,313-2,000
最大トルク N・m(kg・m)/r.p.m
134[13.7]/5,000
160[16.3]/0-1,313
燃費(km/L)
26.0-34.4
使用燃料
レギュラー

 

シャトルの競合車は?

・トヨタ カローラフィールダー

シャトルと同じ、5ナンバーサイズの5人乗りワゴンとしてラインナップするトヨタ・カローラフィールダーはまさに、シャトルの最大のライバルと言っても過言ではありません。

長きにわたってトヨタの看板を背負う「カローラ」という名がついてるだけにあって、知名度や人気はカローラフィールダーが上です。

ステーションワゴン型のボディデザインから生まれる、余裕持って過ごせる快適な室内空間とラゲッジスペースの広さは伊達ではありません。

カローラフィールダーの限界値引きはこちら

・スバル XV

卵型ボディデザインの5人乗りというシルエットから、同じようなエクステリアとしてスバル・XVと競合させるユーザーも多いようです。

最大の武器は、各国の安全基準を最高評価で受賞している安全性能の高さにあります。

スバルでおなじみの「アイサイト Ver.3」や歩行者保護エアバッグなど、非常に充実しています。

カテゴリとしてはSUVになってしまいますが、シャトルと共に候補として挙げる方が多い車種です。

XVの限界値引きはこちら

・トヨタ プリウスα

シャトルにはハイブリッド仕様も用意されていますが、そのライバル車として挙げるならば、トヨタ・プリウスαは欠かせません。

何といっても、世界的大人気ハイブリッドカー「プリウス」の駆動システムをそのままに、サードシートの追加やラゲッジスペースを拡大させて、ミニバンとしての使いやすさを引き出した車です。

価格帯はシャトルよりも上ですが、シャトルの値引きを狙うのであれば、競合車としてプリウスαを検討している事を伝えてシャトルの値引きを狙ってみましょう。

プリウスαの限界値引きはこちら

 

新型シャトルの限界値引き交渉術!

最初の商談でライバル車の見積書は出さない

シャトルの最初の商談の時には、カローラフィールダーなどの見積書は出さずに、「ほかの車種と迷っている」と伝える程度に抑えてください。

いきなり競合車の見積書を出してしまうと、印象の悪いお客と思われてしまい、反対に値引きを抑えられてしまったり、最悪の場合商談に掛け合ってくれない場合もあります。

あくまで「シャトルも有効な検討車だ」という意思をちゃんとディーラーの担当者に伝えることが大切です。

シャトルの購入時期は「決算時期」がねらい目

日産を始め各自動車メーカーのディーラーには、年度の売り上げの締めくくりとなる「決算時期」というものがあります。

年度の売り上げを左右する非常に大事な時期なので、通常よりも新車の車体価格を大幅に値引きしてくれるだけでなく、様々なサービスをお得に提供してくれるなど、盛りだくさんです。

メーカーや地域によって異なりますが、決算時期は1月~3月頃が一番集中しています。

この時期にシャトルを購入すれば、通常よりもお得になります。

同じ「シャトル」で違うディーラー同士で競合させる

ホンダのディーラーは「ホンダ カーズ」という名で全国展開をしてますが、店名の地域名が異なっていると別法人のディーラー扱いとなります。東京都内だけで比較すると、「ホンダカーズ 東京中央」「ホンダカーズ 東京」「ホンダカーズ 武蔵野」などといったものです。

異なるディーラーであれば、提供されるサービスや新車購入時の値引き額も異なります。

同じシャトルで違うディーラー同士で競い合わせてみるのもありです。

また、東京の他に神奈川や埼玉・千葉などといった他県をまたいで比較するのも作戦のひとつです。

2回目以降の商談ではオプション品の無料追加

1回目の商談の時には、シャトルの車体価格の値引きをしてもらいます。

ある程度値引きしてもらった後、ライバル車や違うディーラーの見積書を出して競合させます。そしてシャトルの2回目の商談では、メーカー純正ナビの値引きやETC車載器やフロアーマットなどといった小物のオプションを無料にしてくれるように頼んだり、納車時のガソリン満タンにするように頼みましょう。

ほとんどのディーラーでは値引きやサービスはしてくれるので、粘り強く交渉しましょう。

値引きのダメ押しとして「端数切り落とし」

様々な作戦を用いてシャトルを大幅に値引きすることに成功したとしても、ここで満足してはいけません。

最後のダメ押しとなる、シャトルの購入代金合計額の端数を切り捨ててもらいましょう。

例えると、「2,234,567円」という数値を「2,200,000円」にするといったものです。

最後の作戦としても使ってもよいですが、最初の商談の際にあらかじめ「この金額であれば契約します。」という旨を伝えておけば、担当者の方は本気で値引きをしてくれるだけでなく、端数切り捨てによる値引きは間違いありません。   

 

ホンダ シャトル新車見積もり

  • ホンダ新車無料見積もり
  • 自動車保険料を安くする
  • ●下取り車相場チェック

  • あなたの愛車は今いくら?
  • ガリバーのオンライン無料査定
  • ホンダ シャトル中古車検索

  • グーネットで中古車検索
  • カーセンサーnet
  • 最寄の中古車販売店
  • ●当サイト新車購入参考リンク

  • 限界まで車を高く売る方法
  • 新車を安く買う!新車値引き交渉の仕方
  • 新車購入・新車の買い方
  • 車維持費の節約方法
  • 車のガラスコーティングなら神奈川の早野ぴっかり工房へ

  • パーツ・カー用品を通販で安く買うなら!
  • -- シャトル --
    モデルチェンジ情報


    モデルチェンジ予想

    当面の間予定なし

    モデルチェンジ推移
    2017年9月14日最新モデルチェンジ日
    一部改良
    2016年8月4日
    一部改良
    2015年12月17日
    特別仕様車「スタイルエディション」
    2015年5月15日現行モデル登場日
    シャトルを発売
    2013年12月19日
    特別仕様車
    「クールエディション」
    2013年8月22日
    マイナーチェンジ
    2012年10月4日
    特別仕様車「ファインライン」
    2012年6月25日
    一部改良
    2011年6月16日
    フィットシャトルを発売

     

    シャトル値引き体験談の口コミ

    新車値引き情報!

    トヨタ新車値引き情報

    レクサス新車値引き情報

    日産新車値引き情報

    ホンダ新車値引き情報

    マツダ新車値引き情報

    三菱新車値引き情報

    スバル新車値引き情報

    スズキ新車値引き情報

    ダイハツ新車値引き情報

    スポンサーリンク

    ↑ PAGE TOP